本を読まない人のための本屋「wonderfulworld!」

本屋?雑貨屋? 北海道の函館市の隣の北斗市にある、本と雑貨と音楽の小さなお店。 あなたの人生を劇的に変化させる恐れがありますのでのめり込みすぎに注意しましょう。

カテゴリ:

又吉さん、羽田さん、芥川賞ダブル受賞おめでとうございます。

書店関係者は大いに盛り上がっているでしょうが、

当店のブログは芥川賞なんて一切無視した話題でございます。



















年に一度くらいしか行けないけど、ひなびた温泉旅館に泊るのが楽しみ。

むしろ観光地でない所のほうが良くて、

もうひたすら宿でゴロゴロするしかない状況が良い。

ヘタに観光地だと「巡らないと損!」みたいな気分になるけど、

何も無いなら何もできない。あきらめるしかない。

携帯のアンテナだってつながらなくていい。

そこまでして初めて完全に仕事を忘れられるような気がする。



でもまぁ、もちろんたいくつなので

意味もなくカビ臭い旅館の中を探検したり、

時間が止まったようなゲームコーナーをのぞいたり、

無駄に熱くて古い温泉に入ったりする。

そんな風に全身「昭和」に包まれていると、

自分が今いつの時代を生きているかわからない感覚におちいり、

「あれ?どこに旅行に来てるんだっけ?」と、

今いる場所を見失ったりして、とてもドキドキする。 

(全国を転々としてきた私はたまに今どこに住んでいるか見失うことがある)





家族旅行を思い出すような、

修学旅行を思い出すような、

社員旅行を思い出すような、

不安で、楽しくて、なつかしい気分に浸れる。

こういう気持ちは他の人とも共感できるものなのかなぁ?

と思っていたら、

DSC_7901
いた!

「そうか、人は温泉に入りに行くのではない。何もしないために温泉に行くのだ」

そうそう、その通り!
 




「家に風呂があるのになんで遠くに行ってまでして風呂に入るの?」

「ゆっくりするなら、家でゆっくりしたらいいじゃん!」という、

温泉に行く意味が理解できない筆者が、

徐々にひなびた温泉宿の楽しみに開眼していきます。




でね、

この人「増築増築で迷路みたいになっちゃった温泉旅館」ばっかり行ってるんですよね。

いいなぁ!楽しそう!

自分の部屋にたどり着けなくなって不安になるあの感じ、好きなんだよなぁ。 
 
こっち方面にもそんな旅館ないんかな?




















というわけで、

誰か!

道南道央らへんで迷路みたいな、おもしろい旅館があったら教えて! 









火花
又吉 直樹
文藝春秋
2015-03-11


四次元温泉日記 (ちくま文庫)
宮田 珠己
筑摩書房
2015-01-07

 

めずらしく新刊の入荷がありました。
DSC_7878
「きょうの猫村さん 8」ほしよりこ

ブレイクがあってだいぶ経ち、なんとなく棚に差してた「猫村さん」ですが、新刊を読んでみたらやっぱりおもしろかった!中盤からの「猫村さん」「粘着系の女」「奥さま」の3人のやりとりのストーリーが絶妙に不快で、おもしろい!









DSC_7883

DSC_7882

DSC_7884
あぁ!この「くだり」が、なんかわかる!なんか泣ける!

「途中の巻までは読んでたけど、さいきん読むのやめちゃったなぁ」という方も、もう一回つづきを買ってみて!









きょうの猫村さん 8
ほし よりこ
マガジンハウス
2015-07-10


DSC_7879
清野とおる…

いつの間にか売れっ子になってる…。

逆におもしろいな。(逆にってなに?) 



















DSC_7880
 少し前の作品ですが「東京都北区赤羽 以外の話」。



















DSC_7881
 その中に収録されている「☆画太郎先生の思い出」が好き。

素顔や詳細なプロフィールはほとんど公表していない「漫☆画太郎」ですが、清野とおるが漫☆画太郎の自宅に行った時の大変貴重なエピソードが収録されてます! 「漫☆画太郎」好きにはたまらないお話しです。

そうそう、そういえば少し前に話題になった「まんしゅうきつこ」さんとのエピソードも載ってます。

ドラマ化で清野とおるさんを知った方も多いと思いますが、こちらのようなまだ「売れきってない」頃の清野とおる作品も、ぜひどうぞ。 










  

7月7日(火)は定休日でございます。 定休日明けの水曜日より、ご来店お待ちしております。



















今年は当店、七夕なのにお休み。

当店の大ファンのちびっ子たち、申し訳ない。(本当はちびっ子には好かれない。)
DSC_0005
 メガドンキホーテ内の北文舘で見かけて、思わず買っちゃった函館のたなばたの絵本。

こちらに移住してこなかったら、七夕でこんなにワクワクすることはなかったな!

こういう習慣がなかったし。

僕も近所のお家をまわって、お菓子をもらいたかったなぁ!




















物騒な世の中です。

楽しい七夕がこれからもずっと続くよう、地域の大人全員が意識して、近所の子供たちを見守ってあげたいですね。 

みなさまが、笑顔の七夕になりますように! 

↑このページのトップヘ