当店は本があんまり売れない本屋さんですが、このコミックは売れた。

DSC_7866
「喰う寝るふたり住むふたり」日暮キノコ

同じストーリーを「男目線」と「女目線」で、それぞれ語っていくのが特徴のマンガです。
男と女の「考え方のちがい」「勘違い」「すれ違い」がうまく描かれていて、恋愛は相手の事を本気で思いやらないと、ちょっとしたことでボタンをかけ違えてしまうんだろうなぁ…と、ためになっておもしろい。



















DSC_7867
 そのマンガを読んで、思い出したのがこちら。「真空片戀パック」河内 遥
三角関係の三人を、それぞれの視点から一人一話で展開されます。こっちもかなりおもしろい。「喰う寝る~」がおもしろかった方はハマると思います。ぜひ読んでみて。

河内遥さんのコミックも今まで結構読みましたが、ハズレ知らずで全部おもしろい。読んだ事がない人は、これじゃなくてもなんでもいいから一冊読んでみて欲しいなぁ。 
 









5巻で完結してるので、ちょうどいい長さ。



 「大人の、素直じゃない面倒くさい恋」と「学生のピュアな恋」が入り乱れてて良いんだな。