fe6755d9.jpg




社会不適合人間である。

人生の後半戦に差しかかったところで、

自分なりの社会とのかかわり方が、

おぼろげながら見えてきた、というレベル。

「え!?みんなもう30年くらい前にスタートきってんで!」

というくらいスタートに出遅れている気がする。

こんな周回遅れの私を

あたたかく受け入れてくれているお得意様の皆さん、

ありがとうございます。

今や地元の大阪よりも多く、お知り合いがいるような気がします。

ありがたや、ありがたや。