8d0e4f15.jpg


「お金」と「女」は似ていると思う。



















どちらも、どっぷり入れ込みすぎて溺れると、痛い目にあう。



















かといって無頓着すぎると、いつの間にやら何も残っておらず途方に暮れる…ということになる。



















「いつもかまっていられなくてゴメン!だけど本当は物凄く好き!」

「さみしい想いをさせた分、今日は君のことだけ考えるからね!」

「もちろん、これから先のことも真剣に考えているよ!」



















これくらいの距離感が、どちらもうまく付き合っていくコツだ。


















ま、



















「お金」にも「女」にも不自由しっぱなしの私が、想像で言ってるだけの話なのだけれど。