若かりし頃、

生きるのが苦痛だった。

クラスメイトが学校ではしゃいでいるのを見て

「あーこいつら悩みがなくてうらやましいなー」

「なんで自分だけ不幸なんだろー」

って親のすねをかじるだけかじりながら

悩んでいるくらいバカなやつでした。



いいお年頃になって

年間の自殺者数は毎年3万人を越えてる事を知って

もしかして生きるのは誰しも大変なのではないだろうか、と思えてきました。

いや、大変どころか生きるのは死ぬほどつらい!

なんだこの世界は!

「『この世の地獄』なんて言葉があるけど『この世が地獄』なんじゃーん!」

はっ!!これぞ真理!



この答えに達してから、生きるのが少し楽になった。

この世の中をまっすぐ楽しく生きるのはメチャメチャ難しいみたい。

だって「地獄」だもん。(笑)キツくて当たり前。

毎日が修行。難しいからこそやりがいがある。




「この世が地獄」だなんてスゴイ発見をした!と思ってたら

仏教って全く同じ考えだったのね…。

bd955e2a.jpg


みうらじゅんの「さよなら私」と「マイ仏教」。

私が考えてたことは何千年も前に、とっくに考えられてたことでした。

しかも壮大でスリリング!




めちゃめちゃおもしろいです。

私のようにいちいち悩んじゃうような方は、

パァー!っと心が晴れちゃうと思います。