本を読まない人のための本屋「wonderfulworld!」

本屋?雑貨屋? 北海道の函館市の隣の北斗市にある、本と雑貨と音楽の小さなお店。 あなたの人生を劇的に変化させる恐れがありますのでのめり込みすぎに注意しましょう。

本を読まない人のための本屋「wonderfulworld!」
〒049-0111北海道北斗市七重浜4-39-1 ℡0138-48-5201
営業時間12:12~23:23 定休日火曜日

DSC_3805
ちなみに「ネタをパクってる!」って言われたのは、ぜんぜん怒ってませーん。
結局、品ぞろえ豊富にどかーんとやったところが勝ちですからね。
お客さまにとってもその方がうれしいわけですし、「どっちが先に取り扱った」なんて、お客さまにとってはどーでもいいですもんねー。
(函館で老舗の店舗ではるか昔からやってる!って所もあるかもしれませんね!)


DSC_3808
ハンドメイドではない雑貨だと、ネタかぶりはどうしようもない部分があるなぁ。
良いチョイスしていこう!

DSC_3793-2
久々に出版物に掲載していただきました。
これでも開店して3年くらいは、面白がられて色んなところから取材をいただいてたんですよ!


DSC_3784

 このお店を出す何年も前から「近所の街の本屋さん」はどんどん潰れていました。
生き残るのは「大型書店」か「ネットショップ」という状況です。

 本が好きな方はネットショップで欲しい本を調べたら、その本に関連したタイトルがずらっと出てきて興味が広がります。大型書店に入れば「どこから見よう?」とワクワクするでしょう。

 でも元々本にあまり興味のない方って、はたして大型書店に行くんでしょうか?ネットショップで本のタイトルを調べたりするんでしょうか?しませんよね。

 近所の街の本屋さんは無くなって、コンビニは雑誌しか置いてなくて、調べものも本で調べなくてもスマホでググればOK。本を手に取る機会が格段に減ったなと思うんです。

 当店は雑貨屋さんみたいですが、「本を読まない方」が「本を読むぞ!」という意気込みなしでも、何気なく本を手に取ってもおうと工夫しております。

「ペンポーチ探しにきたんだけど、面白そうなマンガ買っちゃった」「プレゼントを買いに来たんだけど、本も合わせて入れちゃった」なんていう形で本と出会ってもらったら最高です。

本が雑貨の中に埋もれているのは、本を買うハードルを下げるためでもあります。

 本を読むのが好きなお客さまにはラインナップが少々物足りず、「本が少ない」「もっとマニアックに!」というお声も頂戴しますが、「本に興味を持っていただくための、入口のお店」として奮闘している一面を、ご理解いただければ幸いです。

「本を読まない人のための本屋」という看板を見ると皆さん「ふざけてる!笑」と思われがちですが、意外とマジメな成り立ちだったんですねー。








当店を掲載していただいたコチラの書籍ですが、現在当店には在庫がありません(皆さんズコーッ!ってコケるところ)。ネットや本屋さんで買ってね!弱小書店に配本なんて無いも同然なんですぅー!

DSC_3777-2
●セール詳細
・半袖、ハーフパンツのみが対象となります。
・SNSをご覧いただいている方限定のため、店頭に一切表示がございません。レジにて「ブログ見ました」「こちらは安くなりますか?」など声掛けをお願いします。
・期間は2018月年8月31日までとなります。
・すでに割引など、お安くさせていただいております商品は対象外です。(さらにお安くはなりません)



あと、すでにご来店いただいている方はご存じだと思うんですが、ランナップはメンズです。基本的にデザインはユニセックスなものをチョイスしているので、女性の方のお買い上げもかなり多いのですが、メーカーとしてはメンズラインとして出してるものです。ご了承ください。




DSC_3742-2
店長ヤル気マンマンで待ってるで!
わずかな割引ではございますが、気になった方はよろしくお願いしまーす。

DSC_3734
シルバーに染めたタイベックもかっちょいい。欲しい。






DSC_3736
元々は建築資材としてずっと使われておりましたタイベックですが、アウトドア業界でもとっくに注目されております。

・強度がある
・軽い
・透湿性がある
・防水性がある
・比較的安い

ことから、ウルトラライト系(何よりも軽さを追求したアウトドア)ギアの素材に使われたりもしています。
「なんかオシャレやん!」というファッションで終わらない実力の持ち主なので、皆さまも一度手に取ってみてくださーい!

↑このページのトップヘ